Help

15.06.23.根来采女家屋敷跡(墨田区石原2丁目)

  • 46

Photos: 15.06.23.根来采女家屋敷跡(墨田区石原2丁目)

Photos: 牛御前旅所跡(本所2丁目) Photos: 15.06.23.三枝源重郎屋敷跡(墨田区石原2丁目)

mixiコメント 2015年06月27日 18:00
根来左京──
根来寺成真院 根来盛重が、大和・近江・関東の計3450石の所領を与えられた。
元禄11(1698)年、近江へ統一。
※実高3,491石。


※根来衆──
紀伊国北部の根来寺を中心とする一帯(現 岩出市)に居住した僧兵集団。雑賀衆同様、主に鉄砲で武装した傭兵集団。最盛期には坊舎450(2700説)を要した。寺領72万石、僧兵2万、ほぼ大名である。
寄合所帯。根来衆は杉之坊(津田氏)・岩室坊(田中氏)、泉識坊(ここまでで三旗頭説)、熊取院(小左次氏? 霜氏?)の四坊が大名家でいうところの家老格となり衆を取り仕切った(旗頭と呼ばれる)。

紀州津田氏は主家滅亡、一族は帰農(?)。
田中根来氏は長州藩士として存続。

※一乗山 大伝法院 根来寺
宗派、新義真言宗
本尊、大日如来
開基、覚鑁(興教大師)
創建、大治5(1130)年

※覚鑁──
「密教3/真言宗・空海(弘法大師)・覚鑁(興教大師)」
http://ameblo.jp/emeth-spriggan/entry-11185444499.html
「真言宗(密教3.33)/真言(マントラ)」
http://amba.to/1weORIa



※二本松根来氏──
天心独明流(別名 新流)創始者(伊藤派一刀流免許皆伝)、
二本松の根来家宗家初代、
二本松藩剣術指南、
根来重明は、元は紀伊国で平姓亀井氏を名乗っていたが、父 重堅が根来衆に加わったことから根来を名乗るようになり、二本松では代々根来を姓とした。
長兄 亀井平右衛門忠雄は一刀流四世となり伊藤姓を名乗る。
(織田信長家臣 亀井重次9男 重堅。この亀井氏の出生は不詳。のちの幕藩体制時の大名、亀井氏とも結びつかない。そちらも不詳である。)

※伊藤一刀斎が創始した一刀流のうち、伊藤忠也(伊藤典膳)の系統。正式には小野派と同様に「一刀流兵法」だが、他系統の一刀流と区別する為に伊藤派一刀流、忠也派一刀流などと呼ぶ。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.