Help

11.03.24.鳥越神社(台東区鳥越)

  • 70

Photos: 11.03.24.鳥越神社(台東区鳥越)

Photos: 11.03.24.鳥越神社(台東区鳥越)福寿神社 Photos: 鳥越神社(台東区鳥越)南側鳥居

mixiアルバム「鳥越神社 (台東区鳥越2丁目)」コピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000051263821&owner_id=32815602

2012年02月22日 20:48
とりごえ。(とりこえとの仮名表記も多く見るが………?)
御祭神、日本武尊。東国平定のおりにこの地に滞在したことを偲び、村民(平安後期まで白鳥村と呼ばれた)が奉祀したのが始まりとされる。
天児屋根命。武蔵の国司となった藤原氏の祖神として祀ったとされる。
東照宮。家康を祀っていた松平神社(現蔵前4丁目16番付近)が関東大震災で焼失したため合祀された。
御神徳、国家安寧、平穏無事、無病息災、安産、子授けなど。
起源、白雉2(651)年、日本武尊を祀って白鳥神社と称したのに始まるとされ、前九年の役のおり、源義家がこの地を訪れ鳥越大明神と改めたと伝えられる。
前九年の役征圧のため、源頼義、義家父子がこの地を通った際、白い鳥が飛ぶのを見て浅瀬を知り大川(隅田川)を渡ることができたという。それを白鳥明神の加護と感謝し、鳥越大明神の社号を奉ったという。
江戸時代までは約2万坪の広大な敷地を誇っていたが、徳川幕府にほとんどの土地を取り上げられてしまった。江戸城築城、江戸城下町形成、隅田川埋め立て、姫が池埋め立て、屋敷御用地建築のため、たくさんの土砂を必要としたため、鳥越の丘を切り崩して使用した。
現在の神社の狭さは……。

鳥越という地名は神社に由来する。鳥越1丁目は戦火を免れたため、昭和初期の町並みが残ることで知られている。

※例大祭に出る千貫神輿は、都内最大級を誇る。都内一の重量。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.