Help

カバシタムクゲエダシャク#10

Photos: カバシタムクゲエダシャク#10

Photos: カバシタムクゲエダシャク#09 Photos: カバシタムクゲエダシャク#11

Sebastosema bubonaria Warren, 1896
シャクガ科 エダシャク亜科


栃木県産 2019.2.24 前翅長約14mm(飼育羽化)

一時は絶滅まで囁かれた幻のフユシャク。
2016年、♂は53年ぶり、♀は29年ぶりに、
かの中島秀雄先生とお仲間によって再発見された。
♂の♀探しの飛翔は晴れた昼前の2時間ほどに限られる上、
飛翔速度が非常に速く、採集や撮影は簡単ではない。
昨年3月にルッキングで見つけた交尾後の♀から採卵、飼育しており、
5月下旬に全ての幼虫が蛹化していたが、
今夕仕事から帰ったら♂1頭のみ羽化していた。
冬季の気温の低下に合わせて戸外に置いていたが、
現地での繁殖期は概ね3月上旬~中旬頃と思われ、
1週間ほど早く羽化してしまった。
分布:本州
   (秋田、栃木、群馬、埼玉、東京、山梨の局所・
    2016年以降で生息が確認されたのは栃木と山梨のみ)
成虫出現月:3
幼虫食餌植物:ニシキギ科

成虫♀
http://photozou.jp/photo/show/1433095/254552837
http://photozou.jp/photo/show/1433095/254521116

http://photozou.jp/photo/show/1433095/255003676
1齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255033170
2齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255225692
3齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255342475
終齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255874074

http://photozou.jp/photo/show/1433095/256331986

G2487-10

Favorite (3)

3 people have put in a favorite

Comments (2)

  • 独り蛾

    本種の♂の写真は相当貴重ですね!凄いです。
    生きてる状態の♂写真は初めて見ました。

    03-18-2019 17:03 独り蛾 (4)

  • monroe

    独り蛾さん

    昨年の春に再発見された場所に行きましたが、オスはフチグロよりずっと素早く飛び、網を振る間もなかったため、捕獲、撮影を断念しました。幸い産卵中のメスを見つけたので卵を持ち帰り、飼育、羽化させたオスを撮ることにし、1年越しで実現出来ました。
    実は自分で飼育羽化させるのは初体験だったので上手くいくか心配でしたが、何とか無事羽化してくれ、本種のオスを間近に見ることが出来た感動はひとしおでした。

    03-19-2019 13:55 monroe (30)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.