Help

カバシタムクゲエダシャク#08

Photos: カバシタムクゲエダシャク#08

Photos: カバシタムクゲエダシャク#07 Photos: カバシタムクゲエダシャク#09

Sebastosema bubonaria Warren, 1896
シャクガ科 エダシャク亜科

栃木県産 2018.5.21 体長約33mm

終齢になった幼虫。
ニシキギをもりもり食べている。
飼育環境に依るのか、川北さんの飼育された幼虫は5月頭には蛹化したそう。

3齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255342475
2齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255225692
1齢幼虫
http://photozou.jp/photo/show/1433095/255033170

http://photozou.jp/photo/show/1433095/255003676
成虫♀
http://photozou.jp/photo/show/1433095/254552837

G2487-8

Favorite (2)

2 people have put in a favorite

Comments (2)

  • 独り蛾

    まさかあの幻のフユシャクの幼虫姿が拝めるとは・・・素晴らしいです!(^^)
    今更ながら♀成虫の写真も拝見しましたが、栃木にいるんですね。結構近くて驚きです!
    茨城でも発見できたら・・・と思いますが、やはり山地性なんでしょうか。

    05-22-2018 17:44 独り蛾 (4)

  • monroe

    独り蛾さん

    これまで見つかっているのは、
    フチグロトゲエダシャクがいるような開けた場所に隣接した雑木林で、
    東京の小金井市でも古い記録があるように、山地性という訳ではないようです。
    ニシキギ、コマユミ、ツルウメモドキを好み、それらは全然珍しい木ではないので、
    ある程度の規模であるならいる可能性があるかもしれません。
    ミノウスバが多い場所もチェックする価値はあるでしょうね。
    新産地を見つける楽しみがある種ですね。

    05-24-2018 00:22 monroe (31)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.